会社概要company

会社概要

社名 マルマツビューロー株式会社
代表者 代表取締役 松井 均
所在地 〒424-0878 静岡県静岡市清水区御門台5番2号
創立 1988年(昭和63年)4月30日
資本金 1,000万円
取引銀行 しずおかやいづ信用金庫 草薙支店 静岡銀行 池田支店
決算期 9月
従業員数 12人

代表挨拶

 社会生活において「ひかり」はなくてはならないものです。家の照明、街路灯、交通信号など世の中のありとあらゆるところでランプが利用されています。 その中でたとえば自動車用のランプには、前を照らすヘッドランプ、後続車に進行意思を知らせるストップランプ・フラッシャ―ランプなどがあり、安全性確保のため明かりの強さ・発光する色などが国内外の法律で厳しく規程されています。 弊社では、長年培ってきた光学技術に磨きをかけ、あらゆる照明器具(ランプ)の測定装置を開発してきました。対象となるのは、自動車をはじめ航空機、船舶、海上航路標識灯などの照明 器具です。 皆さんもご承知のとおり、近年はランプのLED化が進み点灯制御が複雑になっておりそれに対して、高度な測定技術が求められています。 マルマツビューローはそのようなご要望にお応えするべく、お客様の求める光学測定機器およびシステムを提供してまいりました。 特に自動車用ランプの配光(拡散光学性能評価)測定におきましては、各国法規に基づいた測定技術を確立し、自動車ランプメーカー各社様にご利用いただいております。 今後は更なる性能・品質向上を目指し、また社員の育成・レベルアップに取り組み、「次の工程はお客さま」という基本姿勢を忘れることなく努力し続けてまいりますので、皆さまのご支援ご厚情を心よりお願い申し上げます。

2019年9月1日 代表取締役 松井 均

会社沿革

1988年(昭和63年) 4月
エルコムソフトウェア株式会社設立 静岡県清水市(現静岡市清水区)資本金500万円 コンピュータソフトウェア開発を主な事業とする
1990年(平成2年) 4月
自動車用ランプ配光測定システム[第一版]完成
1991年(平成3年) 7月
業務拡張に伴い、本社を静岡市駿河区栗原に移転
1995年(平成7年) 1月
資本金を1000万円とする
1997年(平成9年) 1月
自動車用ランプ配光測定システム[第二版]完成
1997年(平成9年)11月
社名をマルマツビューロー株式会社に変更する
1999年(平成11年) 1月
自動車用ランプ配光測定システム[第三版]完成
2001年(平成13年) 1月
超高速インテリジェント照度計(MLX-2000A)完成 ランプを回転しながらのスキャン測定を可能とする
2002年(平成14年)10月
光学設備事業の拡充計画開始
2005年(平成17年) 2月
超高速インテリジェント照度計(MLX-2005A)完成
2006年(平成18年)12月
Reflex Reflector(反射器)測定システム完成 測定用縦型ベンチ(MOVC-2006)極微照度計(MRX-2006EX)
2008年(平成20年) 3月
超高速ワイドレンジ照度計(MLX-2008G)完成
2010年(平成22年)10月
超高速マルチ表示照度計(MLX-06GW)完成
2011年(平成23年) 3月
光学設備事業の拡充計画を一区切りとする
2011年(平成23年) 9月
LEDヘッドランプ製造ライン用レンズ検査装置完成
2014年(平成26年) 8月
PWM点灯ランプ対応照度計(MPW-2014L)完成
2016年(平成28年) 3月
PWM点灯ランプ対応照度計改良版(MPW-2016W)完成
2018年(平成30年) 4月
設立30周年を迎える
2018年(平成23年) 5月
新社屋完成に伴い、本社を静岡市清水区御門台に移転し現在に至る

事業内容

光学設備事業部
  • 配光測定システムの開発、保守
  • 配光測定ソフトウェアの開発
  • 自動車用灯具類の各国規格の調査・情報提供
  • 光学暗室のコンサルティング・設計・設営
  • 計測制御システムの開発、各種測定機器の校正

アクセス