?
  • 光学設備
  • 事業内容紹介(配光測定業務受託)
光学事業部へのお問合わせ

概要

マルマツビューローの持つ最新鋭の配光測定設備や、技術ノウハウを生かし、お客様から照明器具をお預かりして、配光試験の受託を行いま す。

弊社の配光試験室は、反射などによる迷光を極力おさえた構造の暗室となっております。

新製品開発時の性能評価や、製造ラインの品質管理および実力値の把握などにお役立て下さい。

測定可能な器具の大きさ

W:幅 1300mm、H:高さ 300mm、D:奥 250mm以内、器具を含めて5kgまで

whd

測定可能な範囲

管軸に垂直な回転:前面(0°)から後面(180°)まで、測定間隔は5°

管軸に平行な回転:0°から90°まで、最小測定間隔は最小5°まで

試験方法

  1. 回転板と呼ばれる、水平、鉛直の2方向に回転するテーブルに照明器具を取り付けます。
  2. 4~6m先に設置した受光器で、光の照度を測定します。

測定ライン例

測定ラインは、照明器具の種類に応じてAライン、Bライン、Cライン等、複数選択できます。

Line

測定予約~請求までの流れ

照明器具測定申込書の記入

照明器具測定申込書に必要事項を記入の上、器具の形状が分かる写真(図面)を添えて、弊社担当者に提出して下さい。 (メール、FAXどちらでも結構です)
所要日数1~2日

download

測定可否と金額のお知らせ

申し込み頂いた器具、測定日に関しまして測定可能かどうか担当者よりお知らせします。
所要日数2~3日

download

受託契約の締結(初回のみ)

測定条件に同意いただきましたら、取引先台帳の記入、秘密保持契約の締結を行って頂きます。
※秘密保持契約はお客様の製品に関する機密を守る為に行います。
所要日数2~7日

注文書の送付

準備が整いましたら注文書を送付して下さい。(メール、FAXどちらでも結構です)
所要日数1~2日

器具の送付

測定する器具を元払いで弊社にお送り下さい。
所要日数1~2日

器具の測定、測定結果の送付

器具の測定後、結果をメールで送付致します。
所要日数5~7日

器具の返送、請求書の送付

測定結果に問題が無ければ、着払いにて器具を返送します。
請求書をお送り致しますので、代金をお支払いください。
所要日数2~3日

測定結果の出力例


Result

curveluminous

IESファイル

照明器具配光測定結果一覧

照明器具配光変化特性図

ページの先頭へ