印刷 資料請求

概要

MLX-2008Gは、当社が独自に開発した高感度で応答性に優れた照度計です。

特徴

  1. 入力は超低入力バイアス電流オペアンプを使用し、フォトセルからの微弱な光電流を正確に測定することができます。
  2. 測定レンジは0.01、0.1、1、10、100、1000(lx)の6レンジです。レンジ切替はスイッチによる設定だけでなく、パソコンからの制御が可能です。
  3. 照度計のアナログ信号出力を、デジタルマルチメータで高速にスキャンすることで、灯具を動かしながら配光曲線を測定することができます。
  4. 本器は受光センサーに、ドイツLMT社のフォトメータヘッドを採用しています。

製品仕様

  • 最大表示1200
    (0.0120、0.120、1.200、12.00、120.0、1200)
  • 使用温湿度範囲 10~30℃ 75%以下(結露なきこと)
  • 保存温度 0~40℃
  • 入力形式 MOS-FETインバーディング入力
  • サンプリング周期 10回/秒
  • アナログ出力信号 0~12V 出力抵抗500Ω
  • 外部制御 GB-IBによるコマンド制御
  • 表示 緑色LED、文字高さ14.2
  • 数値 有効数字4桁
  • 単位 「lx」
  • 極性 入力信号が負の時に自動的に”-”を表示する
  • レンジ切り替え
  • MANUALレンジ
    レンジ数字に合わせることで各レンジに設定
  • AUTOレンジ
    入射光に合わせ最適なレンジに設定
  • 暗電流補償 入力光に対し微弱電流を加え測定室の状態をゼロとすることが可能
  • ゲイン調整 10回転ヘリカルオームにての調整
  • 電源電圧 AC100V ±10V(50/60Hz)
  • 消費電力 約10W
  • 質量 8.5kg
  • 外形寸法 W:480 × D:450 × H132
    (EIAラック仕様)
  • 性能:JIS C-1609で規程されている一般型AA級
    (直線性:±2%以内
    分光視感応答性:±6%以内)

マニュアルダウンロード

 仕様書  取扱説明書
ページの先頭へ